芸能

堂本剛の作詞作曲「前のめリズム」の歌詞が泣ける?ファンクな楽曲!

堂本剛ファンクな曲

KinKi Kidsの堂本剛さんが子どもたちのために書き下ろした「前のめリズム」。

堂本剛さんの作詞作曲です。

子ども番組『シャキーン!』(NHK・Eテレ月~金 前7:00~7:15)内で、12月7日から放送されました!

さっそくその曲を聴いた視聴者から、「前のめり前のめり~♪」の歌詞と音楽で朝から元気になれる!という声が集まっています。

堂本剛さんが作詞作曲した「前のめリズム」、ファンクで元気な曲なのに泣けるくらい良い新曲だと話題なので探ってみました!

 

堂本剛の新曲は「前のめリズム」をポイポイポイ!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Gakushi (@gakushi0817)

堂本剛さんの「前のめリズム」には、

「〇〇しなきゃという前のめりな気持ちを捨てて、たまにはスローダウンしよう」

とうテーマで、堂本剛さんが得意とするファンクなナンバーで仕上がっています!

ボーカルはMCのはるかちゃん!

「前のめり」を「ポイ」していこう!という振り付けダンスもポップで可愛い!

 

今回の新曲の作詞作曲に込めた思いについて、、、。

「自分と誰かを比べて苦しくなったり、不安になったり急ぎ足になってしまい、自分らしさを忘れてしまう。聴いてくれた方がそんな世界から飛び立ち、明るいいまへたどり着く。そのイメージを込めて、書かせていただきました。自分が子どもの時に繰り返す音や言葉がとても楽しかった事を覚えています。ファンクというジャンルにはそれがある。この曲に乗りながら、ただただ笑って、楽しく歌い踊ってほしいです」 

引用:ORICON NEWS

そう語っている堂本剛さんの言う通り、「前のめリズム」を聴いた視聴者からは”楽しい!元気になれる!”という前向きな声が寄せられていました!

「シャキーン」は子供番組です。

子供と一緒に見ていて気持ちが救われたお母さんも多くいそうですね。

 

歌詞に泣ける?でもノリノリ?ポイポイポイがクセになる!

そんな堂本剛さんの楽曲に込められた思いが伝わる「前のめリズム」。

歌詞に泣き所もあれば、ポイポイポイポイ!がノリノリで一度聴いたら口ずさんでしまうファンクで楽しい曲なんです。

歌詞の一部をご紹介します!

100はいらない 
走らず 歩こう 
ドリームへ
100じゃなくてもいい 
がんばりすぎないで
心配よ

顏をあげてごらん
空とこころとつながってる
息を大きく吸って
雲のうえ ひとやすみなさい

(でもさ)いちどきり いちどきり
人生いちどよ yo yo yo!

前のめり 前のめり 前のめリズムを
ポポイのポイ! 

頑張りすぎて心配だよ、頑張りすぎるのストーップ!と伝えたいこの曲は、前のめリズムな人にはグッとくる楽曲なのです。

そんな堂本剛さんの「前のめリズム」、はるかちゃんが可愛くてノリノリですよ!

一度聴いたら口ずさんでしまうファンクな曲!”楽しく歌って踊れる”曲ですね!

MVの演出は吉澤美貴氏、とっても可愛い振付は振付稼業air:manが手掛けています!

堂本剛さんからは子供達へのメッセージが届けられていました。

「今日までに出逢えたすべての人、いま自分を支えてくれているすべての人、これから出逢うすべての人へ感謝の気持ちを持って、自分らしく、いちどきりの人生を楽しんで下さい」  引用:ORICON NEWS

頑張り過ぎないで!前のめりはやめて一度きりの人生を楽しもうよ!という顔を上げたくなるような歌詞と、歌って踊りだしたくなるファンクなリズム!

堂本剛さんの「前のめリズム」で朝が楽しくなりそうですね!