音楽

梶浦由記の出身大学や音楽経歴は?幼少期はオペラにハマった天才少女?!

梶浦由記さんの画像

これまで人気アニメ作品の劇伴などを手掛けている音楽家の梶浦由記さん。

大ヒットアニメ『劇場版 鬼滅の刃・無限列車編』では、LiSAが歌う主題歌「炎」の作詞・作曲・編集を手掛け、ピアノ伴奏もしています。

そんな梶浦由記さんの天才的な音楽の才能は、どこでどんな事を学びどのように培われたのでしょうか?

今回は、天才音楽家・梶浦由記さんの出身大学や、経歴を調査してみました!!

梶浦由記の出身大学は?帰国子女だった?

梶浦由記さんの画像

梶浦由記さんのプロフィールです!

■梶浦由記(かじうら ゆき)

・1965年8月6日生まれ
・東京生まれ
・ドイツ育ち
・作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー

小・中学生の頃はドイツで過ごしたようです。

その後、日本に帰国し帰国子女として高校(東京都立国立高等学校)に進学、

大学は津田塾大学学芸学部英文学科に進学しています。

偏差値55.0(現在)。先進の英語教育・英語を通じて世界を探求していく

意外なことに、梶浦由記さんが進学した大学は音楽を学ぶ大学ではありませんでした!

梶浦由記さんはこれまで専門的な音楽教育は受けたことがないそうです。

オペラ好きの父の影響でドイツに

梶浦由記さんの画像

梶浦由記さんの父親は、大のオペラ好きでオペラに関連する会社に勤めていたそうです。

そんな父親の影響で梶浦由記さんも生活の中に音楽が当たり前にある幼少期を過ごします。

小学2年でドイツに移り住み、オペラにどっぷりハマった子供時代を過ごしていたようです。

「父親が、自分で歌うほどオペラ・歌曲が好きで、それらを聴くためにドイツ転勤がある会社に務めてたくらいでした。そんな家庭だったので自然と歌が好きになっていきましたね。私は父の伴奏をするために小さい頃からピアノを習っていたのですが、私が小学2年の時、家族でドイツに移り住むことになりまして。気軽に通える優秀な“おらが町”のオペラハウスが近くにある、恵まれた環境でした」。

引用:oricon music

梶浦由記さんは小学生のオペラのうんちくを語れるほどオペラにハマったそう

その後は兄が聞き始めたビートルズが大好きになったようです。

そのうち兄がビートルズを聞き出したんです。私は音楽にハマるとドハマリするタイプだったんで、ビートルズばっかり聞き出して。小学校4~5年生の時は英語は習ってなかったんですけど、歌詞を全部覚えたくて全部書き写して、いつもその手描き歌詞カードを持ち歩いてましたね

引用:spice

そうやって音楽と梶浦由記さんは一心同体のような子供時代を過ごしたのですね!

「マセてますよね、そう考えると私のルーツはオペラとビートルズなのかな。」

と、ドイツで過ごした子供時代が自身の音楽の原点として振り返っています。

 

梶浦由記は大学卒業後は一般企業に就職

梶浦由記さんの画像

子供時代をドイツで音楽と共に過ごした梶浦由記さん。

 

中学2年を終える頃に帰国し、音楽を学ぶことなく高校大学へと進学し、大学卒業後は日本電信電話(NTT)に就職しました。

高校時代から始めたアマチュアバンド「15SAND(イチゴサンド)」にキーボーディストとして参加

梶浦由記さんは会社員の家で育った影響から、子供の頃から「大人になったら会社に就職して結婚する」という事が普通で、自分の人生もそうなると思っていたっと語っています。

音楽家として活動をスタートしたのは?

就職後もガールズバンドを続け、1993年には「See-Saw」としてメジャーデビューを果たします。

OLをしていた27歳の頃にデビュー

そしてメジャーデビューから2年後には活動が休止となりますが、これがキッカケで梶浦由記さんが作詞・作曲を中心としたソロ活動をスタートすることになりました。

ここからが、梶浦由記さんの作曲家としての活動がスタートとなったのですね。

ソロ活動がスタートし、映画やアニメ、ゲームなどの音楽を中心に活躍し、たくさんの作品に携わってきました。

・機動戦士ガンダムSEED DESTINY エンディングテーマ

『君は僕に似ている』『あんなに一緒だったのに』

・おおかみかくし『時の向こう 幻の空』

・Fate/Zero2ndシーズン『to the beginning』

・アルドノアゼロ『heavenly bule』

・鬼滅の刃 『from the edge』『炎』

など。。。。

梶浦由記さんの画像

音楽の専門的な学校には行かず、独学で作曲していたという梶浦由記さん。

音楽学校に行かずとも、感性や音楽のベースとなるものは幼少期から自然と身に付いていたのですね!

今回は梶浦由記さんの出身大学についてご紹介しましたが、意外にも音楽の専門的な教育は受けておらず、自然と身に付けた感性と技術が原点となっているようです。

梶浦由記さんの劇伴に心を打たれ、楽しみにしているファンもたくさんいます!

これからも梶浦由記さんの音楽とさらなる活躍が楽しみです!