芸能

【不倫】瀬戸大也の嫁・優佳さんのインタビューコメントのまとめ!

瀬戸大也の不倫に対してのコメント

オリンピック選手の不倫がスクープされ、世間を騒がせた瀬戸大也選手。

その際、不倫発覚が間もない頃からインタビューに答えていた嫁の優佳さん。

夫・瀬戸大也さんへの思いについて赤裸々に語っているコメントが話題になりました!

今回は瀬戸大也選手の嫁、優佳さんが自身の”本心”と夫”瀬戸大也”についてのインタビューコメントをまとめてみました!!

瀬戸大也選手の嫁・優佳さんとは?

馬淵優佳(まぶちゆうか)
・1995年2月5日生まれ
・元飛び込み競技選手
・兵庫県出身

3歳から飛び込みを始め、数々の好成績を残しました。

2人の馴れ初めは、瀬戸大也さんが小学6年の頃に通っていたスイミングスクールで見つけたパンフレットに載っていた優佳さんを見て「かわいい」と周囲にもらしていたエピソードがあります。

その後2014年、瀬戸大也さんが20歳の頃に知人に優佳さんを紹介してもらった事が交際のキッカケになったそうです。

2018年と、2020年3月には子供さんも生まれていますね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Daiya Seto 瀬戸大也 (@daiyasetoupdates)

長年の想いを実らせ家庭を持った瀬戸大也さん。

そんな夫と幸せな結婚生活を送っていた優佳さんは、まさか不倫についてのインタビューを受ける日が来るなんて。。という思いだと思いますが、、、

その内容見ていきましょう!

 

優佳さん不倫についてのコメント

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 馬淵 優佳 (@mabu0205)

瀬戸大也選手の不倫が週刊新潮で報じられたのは、2020年9月24日。

保育園のお迎えの前の時間を使った不倫という衝撃に加え、それ以外の浮気の話も浮き彫りになりました。

ANAの契約解除、味の素などの広告契約終了、競泳日本代表主将辞退、10月13日火曜日には日本水泳連盟から年内の活動停止、2020年下半期のスポーツ振興基金助成金推薦停止、今後の教育プログラム受講などの処分。。

その代償は大きいものでした。

不倫発覚直後の優佳さん直筆の謝罪文には、関係者への謝罪と一緒に

私たち家族のことについては、よく話し合っていきたいと考えております。

とコメントされていました。

その後10月19日の「FRaU」で優佳さんのインタビューが公開されました。

不倫発覚から1か月経った頃の心境を赤裸々に語っています。

発覚時の心境

・上手く言葉にできませんが……。そのときは感情の糸がプチッと切れた感じと言いますか、怒りと悲しみが同時に襲ってきたと言いますか……。嘆き悲しむというのとも違う、あれは人生で初めて味わう感覚でした。

・彼は『これからはちゃんとするから』と謝ってくれましたが、あまりにショックが大きすぎて、何を言われても心に響かなかった。

瀬戸大也さんの実家で、事の真実を打ち明けられた優佳さん。

きっと瀬戸大也さんを妻として疑いもしていなかったのですね。その時の心境がよくわかるコメントです。

「これからはちゃんとするから」。。。心に響かない気持ちがよく分かります。

夫婦の問題だけではない

そして、責任を全うしなければならない瀬戸大也さんに対しての思いもコメントされています。

・夫は“競泳日本代表の瀬戸大也”という肩書きと共に、メディアを通して『良き父・夫として家庭を守っているアスリート』という姿を見せてきました。そういうキャラクターを前面に出して広告などの仕事をしてきた以上、彼にはそれを全うする責任があります。

・これはもう『夫婦の問題』だけで済ませていいことではないと思うのです」

・『瀬戸大也というキャラクターにお金を出しているのだから、支えてくれている人たちを裏切るような行為はしないでね。たった一度でも問題を起こしたら、すべてがダメになるよ』と。でも残念ながら、その声は夫に届かなかったわけですが……。

そして瀬戸大也さんが、”自分が愛した人とは別人のようになってしまった”という事に優佳さんは気付いていたようです。

金メダルをとったら家庭は崩壊する

水泳の成績が好調になればなるほど、瀬戸大也さんの人気や知名度と収入までもが右肩上がりに。それに伴って瀬戸大也さんが変わっていったと優佳さんは話しています。

・彼が変わってしまったのは2019年の末頃から。

・今回の件は『神様が起こしたこと』ではないかと思っています。

・予定通りオリンピックが開催されていたら、たぶん私たち家族は終わっていたと思います。

・私の中には『彼が金を取ったら家庭は崩壊するだろうな』という確信に近いものがありました。

・このまま金メダルを取ったら、いよいよ手のつけられない『裸の王様』になってしまうと感じたのです。

キャバクラなどで飲み歩いていた瀬戸大也さんの記事も見かけますが、その裏で一番近くで見ている優佳さんの不安は大きくなっていたのです。

オリンピックが全てではない

コロナの影響でオリンピックが延長された時、瀬戸大也さんはかなり落ち込んでいたようです。でも優佳さんの気持ちは別のところにいました。

・オリンピックよりも不安な気持ちが先立っていました。オリンピックだけが全てじゃないし、人生には金メダルを取るより大事なことがたくさんある。まずそれをちゃんとしないと、これから先、彼を応援することはできない

コロナによるオリンピックの延期。

そんな誰もが前代未聞の事が起こった最中発覚した不倫。そして大きな代償。

神様に試されている

優佳さんは、この不倫騒動が瀬戸大也さんを変えるチャンスになるのではと思い始めたそうです。

・『神様が私たちを試してるんじゃないかな?』と思い始めたんですよね。

同時に、優佳さん自身も覚悟を決めたようです。

・結婚式で『病める時も健やかなる時も』と誓った以上、私自身この騒動を経た彼がどう変わるか見届けてからじゃないと離れられない。

・そもそも私は、そんなゆるい覚悟で結婚したわけじゃありません。ただただ彼と一緒に居たくて、彼の夢を一緒に追いかけたかった。離婚をするのは、事の顛末を見極めてからでも遅くはないと思うようになったのです」

そんな優佳さんの思いを知らない瀬戸大也さん。

・私の気持ちについて、ここまで詳しく彼本人に話してはいません。ただ『今年オリンピックがあったら家族は終わりだと思っていた』ということは伝えました。あまりピンと来なかったのか、彼は『ふうーん?』みたいな反応でしたけど。

優佳さんのコメント記事を読んで、大切な事に気付く事が出来たのでしょうか?

幸せだった頃の関係性に戻りたい

最後には優佳さんの瀬戸大也さんに対する想いが伝わるコメントでした。

・今回のことがあってよくわかりました。本当に、ものすごく好きだったなあって。

・今回のことで何も得るものがないと単に失っただけで終わってしまうので、彼にはここが正念場であることを自覚して頑張ってほしい。今の私に言えるのはそれだけです

優佳さんが19歳の時に瀬戸大也さんと出会って、選手としてのキャリアを全部捨てても一緒にいたいと思った気持ち。。

そんな覚悟をした結婚を簡単に終わらす事が出来ない思いが伝わってきます。

まとめ

混乱した精神状態のまま夫や子どもたちと向き合うのは出来ず、2人の娘の世話は一時的に義父母にお願いしていたという優佳さん。

想像以上の苦しみ、悲しみだったと思います。

そんな中、瀬戸大也さんの不倫スクープからたった1か月で、優佳さんが「本心」を赤裸々に語り”覚悟”を決めた姿に賛同する声もたくさんありました。

前を向いて進む優佳さんの気持ちに瀬戸大也さんは応えてくれるのでしょうか?

心身ともにクリーンになった瀬戸大也さんの姿を東京オリンピックで楽しみにしています!