芸能

仲野太賀がかっこいい!イケメン?でなくてもモテるその魅力って?!

仲野太賀

「今日から俺は!」の今井役で仲野太賀さんの事を知った方も多いはずです。
今井役では、怪力ヤンキーなのにバカ正直でお人好しの憎めないキャラクターを演じ、皆に愛されるキャラクターとなりました!

最近話題の超イケメン。。。ではない?仲野太賀くん。ネットでは「太賀くん、かっこいい!」と愛して病まないファンが急増中です。
今回は、仲野太賀さんのかっこいい!と言われる魅力について深掘りしたいと思います!

 

仲野太賀のかっこいい魅力①

俳優への熱い思い

「当たり前ですけど何でも演じれる役者になりたいです。僕はなんとなく支持されるよりも、誰か一人でも良いからその人の胸に突き刺さるような演技がしたい。それくらい深い役者になりたいんです。」(+act interview 2010/8より)

これは10年前、NHK終戦特集ドラマ『15歳の志願兵』に出演した時のインタビューで、「今後、目標とする俳優像は?」と聞かれた時に答えていた言葉です。
当時17歳だった仲野さんですが、当時から俳優としての志をしっかりと持っていてすでにかっこいいですね。

その後、2016年ドラマ「ゆとりですがなにか」ではゆとりモンスター役山岸ひろむ役を演じ大きな話題を呼びました。演じ方では人を”イラつかせる方法”を自分なりに分析していたよう。

「ああいうキャラクターを演じることも、かつてないほどの反響があったことも嬉しかったし、役者としての手応えと風向きが変わったことを感じました。」(エンタメovo 2020/2/6 より)

今までやったことがないような役に出会えた時、自分の中で広がるような何かを感じるともこたえていた仲野さん。自分の「こうありたい。こういう役をやりたい。」とは違う角度の役と出会う事で、自分自身も知らなかった自分を引き出しているそうです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 仲野太賀ファン (@mi.tai0207) on

映画「静かな雨」(2020)『主人公は太賀で』

「静かな雨」原作/宮下奈都の小説を中川龍太郎監督が映画化しました。
仲野さんと中川監督は「走れ絶望に追いつかれない速さで」(2015)以来のダッグとなります。
中川監督は太賀はある種の分身的な存在と言い、主人公に抜擢した理由として、

「この主人公は自分自身への信頼感のなさ、どこか欠落感や不全感を覚えながら生きている感じ。そういったものを抱えながら生きているという面では、行助(主人公)は自分の分身でもあり僕らの世代の象徴にもなりうるキャラクター。それを一番誠実に表現できるのは太賀じゃないかと思うんです」

(2020/02/08 frauより)

と語っています。
太賀さん自身も俳優へのやりがいを自分のこの見た目とか、声とか、雰囲気とか、そういうものを駆使して言葉に出来ないことを表現できると語っています。

10年前、”誰か一人でも胸に突き刺さる演技がしたい”と言っていた少年太賀は、その思いに沿って確実に成長を遂げています。そして着々と歩み続け、俳優・仲野太賀の魅力は人々の心にしっかりと突き刺さっているんですね。
かっこいいです!!

仲野太賀のカッコイイ魅力②

出会いを大切にする

仲野太賀”は2019年に改名され、以前は”太賀”で活動していました。改名の際は、あえて本名の”中野”ではなく「俳優としての財産になってきた”仲間との出会いを糧にすると、”仲野”と表記することにしたっというエピソードから彼の人柄の良さを感じます。

共演者との仲良しエピソードも多く見られ、菅田将暉さんとは親友と呼びお互いにリスペクトし合っています。
菅田さんは写真が趣味の太賀さんが撮影した写真を、自身の1stアルバム『PLAY』リリースの特典Tシャツにするほど。

「桐島、部活やめるってよ」では東出昌大さんとも意気投合していたようです!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 仲野太賀ファン (@mi.tai0207) on

「今日から俺は!」では相方役の矢本悠馬さんとも仲が良く、矢本さんは「今、自分が俳優をやっているのは太賀のおかげかな(笑)すごく助けられました」と、プライベートでも役者や芝居について二人で熱く語り合ったそう。
そんなエピソードから、素の太賀さんも愛のある人なんだなぁと感じます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 「今日から俺は‼️劇場版」大ヒット上映中🎬 (@kyoukaraoreha_ntv) on

そして世間の声もからも愛されキャラな事がわかります!

人柄の良さはで自然と滲み出るのですね!!

愛されキャラの太賀くん、嫌われ山ちゃんを演じる?!

ドラマ「あの子の夢を見たんです」
民放ドラマ初主演。南海キャンディーズ・山里亮太による短編妄想小説を映像化。山ちゃん眼鏡をかけてアイドルオタクを演じます。(BS放送2020年10月2日金曜深夜0時12分スタート!)
愛されキャラの仲野太賀さんが演じる、嫌われキャラの山ちゃんに注目ですね!

 

主演の仲野は「山里さんの妄想物語と聞いて、素敵なヒロインの方々との恋愛模様が爽やかに描かれるもんだとばかり思ってました。蓋を開けたら、全っ然違う。素敵なヒロインと全っ然恋愛出来ない。何がなんでどうしてこうなった。突然で創り込まれた癖のある妄想の数々。めちゃくちゃな設定に巻き込まれた、素敵なヒロイン。そして僕。そして、スタッフ。実在する山里さんから、遠く離れた妄想の世界で愉快に遊んでいます」とコメント。          引用Yahoo!ニュース2020年8月27日

 

まとめ

これまでたくさんの作品に携わってきた仲野太賀さん。
シリアスな演技から正反対な表情、個性的で笑いを誘うコメディタッチな演技まで、どんな役を演じても人柄の良さが滲み出る、出てしまうそんな魅力が見ている人の心をギュッと掴むのです。
そしてそこには、役者に対しての熱く強い思いが秘められてあって、”俳優・仲野太賀”にしか作れない芝居を創り出しているのだと思いました!!

「真面目に芝居に向き合ってきたけれどなかなか認められず、自分自身のガソリンが切れそうになったりもしました。」とのコメントもあり、弱さや苦悩と向き合いながら今があることがわかります。

仲野太賀さんがかっこいいのは、人柄の良さや愛されキャラから見え隠れする役者としての強い生き様があるからです。

これからもどんな役を演じてくれるのか楽しみですね!そうやって人々の心を魅了しながら、年齢を重ねるごとに魅力が増していく俳優さんになるのは間違いないでしょう。

「早く結婚したい!」と雑誌インタビューに答えていた仲野さん。
そんな飾らないピュアな一面にアラフォー女子はさらに魅かれるのでした。