芸能

【リア突WEST】イケメン菌オタ男子高校生は和田匠平!バレエもすごい?

きのこ博士

リア充WESTに出演した菌オタ男子高校生が「イケメンだと話題になりました!

その美形高校生は和田匠平(わだしょうへい)さんです。

番組では、珍種のキノコを見つける為に六甲山に行くのですが、中間淳太さんも濱田崇裕さんも番組中、和田匠平さんをジャニーズにスカウトするほどの美形ぶりです。

今回は意外な特技もあって、ただの菌オタではないスゴイ!男子高校生、和田匠平さんについて簡単に紹介します!

イケメン菌オタ男子高校生・和田匠平がスゴイ!

番組が放送されている最中、SNSではこんな声が。。

そんなジャニーズファンをビックリさせた和田匠平さんのプロフィールです!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by shohei wada (@shohei.wada.88)

和田匠平(わだしょうへい)
生年月日 2002年4月14日
出身 兵庫県神戸市
高校 神戸大学附属高校
ブログ自己紹介より
僕は物心がつく前からきのこが大好きで、公園の隅に生えているきのこをいつも観て遊んでいました。今ではいくつかのきのこの団体に所属して、勉強、研究し、先生方と共同での新種発表、日本学生科学賞中学の部では「内閣総理大臣賞」を受賞させていただきました。
きのこだけでなく、生物全般、自然は何でも大好きで、今までたくさんの先生方に教えてもらいながら勉強してきました。
将来は生物学者になり、自然を守る手伝いがしたいと思っています。
和田匠平さんは子供の頃から、きのこ王子としてテレビに出ていました!
 
キノコに興味をもったのは2歳の頃だというのでビックリです!小学生の頃にキノコ研究会に入ったそうですよ。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by shohei wada (@shohei.wada.88)

2歳の頃からキノコに興味を持って、高校生になった今でもキノコを追求しているなんて和田匠平さんは間違いなくキノコ博士ですね!

小学3年生の頃に新種のキノコを発見して、「ミナミホホタケ」「シロスナホウラタケ」という名前を付けたそうです。

番組では、小学生の頃だと自分の名前を入れたくなるはずなのに、それもしないところがスゴイ!っとwestメンバーで盛り上がっていました!

中学の時は、夏休みの自由研究で「内閣総理大臣賞」も受賞するほどの研究ぶりです。

バレエも踊れる美男子!

和田匠平さんはモダンバレエが特技だそうです。

2018年にはドイツから来たシュツットガルトバレエ団(ドイツを代表するバレエ団)公演「白鳥の湖」にエキストラ出演していました。

スタイルが良く、手足が長いのでサマになっていますね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by shohei wada (@shohei.wada.88)

バレエは5歳から習っているそうです。

ブログやSNSの投稿からバレエもレベルの高い実力を持っていて、練習にも力をいれている様子が伺えます。

和田匠平さん、だ太の菌オタだはありませんでした!

誰もが認めるキノコの研究と、モダンバレエが得意な凄い高校生。

超美形イケメン菌オタ男子高校生・和田匠平さん、今後もテレビにでる可能性がありますね!楽しみです!